【Juice Jackingのリスク】テレビから聞こえてきたGAFA ってなにそれ?すごいの?

投稿日:2019年7月30日

 

 

ラジコでニュースを聞いていると「ガーファ」というワードが頻繁に聞こえてくる。

「ガーファ?」

そんな名前の猫のキャラクターいたような記憶が・・・

ガーファは

Google
Apple
Facebook
Amazon

の頭文字でGAFA。音の響きがしっくりこないが、みんなそう表現しているのでそのうち慣れるでしょう。たいていのワードは言い続けると浸透して違和感なくなりますね。でも僕が普段から使って(もう10年以上も)イチオシしているオーストラリアを「ラリア」と表現するのはまったく認知されないのはなぜだろうか。

話を戻して、GAFAは時価総額ランキングでも、株式市場でも影響が大きなテクノロジー企業のトップ4です。
(マイクロソフトも十分大きいのだが省かれているのはなぜだろうか)

ソース

 

本屋に行けばGAFAのビジネスについて解説している本がたくさんあります。

→アマゾンへのリンク

 

 

GAFAはすべてアメリカの企業だが、同じようなインターネット関連の日本企業で認知されているのは、ヤフー、ゾゾタウン、楽天、メルカリ、価格コムあたりかと思ったら時価総額トップ50にすらランクしていない。

ヤフーがなんとか57位にいるくらいです。(なおヤフーはソフトバンクの子会社)

時価総額ではなく、将来性のあるランキングでみても、日本でランクインするのはほとんどが製品を売っている企業だ。

→ソース

 

物販では「ユニクロ」や「無印」も海外での認知は高い。アジアに行けばMUJIのアイテムを使っている人が多い。(自分調べ)

尊敬するシンガポールのマットさんもスーツケースはMUJIがベストと言っていた。値段に対して質が高い。

 

→リモワに勝った! 無印良品のスーツケースが15製品中1位になった理由

 

マットさんはさっそく、銀座にできたMUJIのホテルにも泊まっていた。→ホテルのレビューはこちら

MUJIらしく清潔感があり、シンプルでよさげ。宿泊して気に入った商品はお店で購入できるのでいいですね。

 

メルカリは日本でサービスが伸びてからアメリカでもマーケットを取りにいきました。

日本語で作られたサービスは、対象ユーザーが日本人のため、フェイスブックやグーグルのように英語で始まったサービスと比較するとポテンシャルにものすごく差がある。初めから多言語対応のほうがユーザーを一気に集めることができるが、ニーズがマッチしないこともあるので、最初から世界を目指さない戦略もあります。

Tinderのような出会い系アプリは国関係なく、ニーズはありますね。でも日本独自の「パパ活」なんてコンセプトは海外にはないですからね。こうゆうアプリは日本語特化でもいいでしょう。

ちょっと検索するだけめちゃたくさんみつかるな「パパ活アプリ」が・・・

パパ活アプリとは?おすすめ人気アプリランキングTOP5付き❤️アプリのやり方や安全にする方法を紹介

いろんなところにビジネスチャンスがあるのは理解できるが、パパ活マーケットはこんなに激戦だったのか。レッドオーシャンすぎる。

GAFAのうち1つでも日本の企業だったら、日本のネットビジネス会ももっと盛り上がるのになと。あっ!LINEがありましたね!日本発のサービスです。正確にはオーナーはNHNという韓国の会社だが。開発したのは日本人。なおTikTokは中国のサービスです。

 

Juice Jackingとは?

 

What is Juice Jacking?

空港、駅、公共施設、電車、バスなどに設置されているUSBポートでスマホを充電することありますよね。そのUSBポートに接続するとデータを盗まれることがあります。これがJuice Jacking。悪意のある人が設置したUSBポートならデータをダウンロードしたり、マルウェアをインストールすることも可能だそう。

 

公共のUSBポートにプラグを挿すのは、道端で歯ブラシを見つけて、自分の口に突っ込むのと同じようなものです。

 

フリーWifiは危険性があるとずっと言われているので、なんでもかんでも無料だと思ってWifiに接続するのは危険です。

Wi-Fiってなんの略? 今日の日常会話で使わない英語

どうしてもUSBポートで充電しないといけない場合は、端末の電源をオフにしなさいと解説しています。

ソース → How to prevent Juice Jacking & protect your device

無料のものはなにか意図があるわけです。ああ怖い

 

空港にあるUSBポートもリスクがあるが、5年ぶりに突然連絡してきた友達は保険の勧誘ネットワークビジネス勧誘の確率が高いのでこれも気をつけたい ←実話

 

 

 

アクセスが多い記事

no image 1

  アダルト英語から、悪口まで実際によく使われる Swear words = 悪い言葉のスラング、イディオムを紹介します。 多少過激な内容や表現が多いので、一般公開はせずに見たい方だけに読ん ...

no image 2

    TOEICに出題される引っかけ問題を見ていて、 これ間違えてる人多いなと思ったので紹介します。 私たちはその問題について話しあった 英語にしてみてください ↓ ↓ ↓ ↓ ...

no image 3

  マクドナルドなどのファーストフードには不健康なイメージがある。 みなさんご存知のとおり僕はヘルシー志向じゃないですか。普段からバーガーやラーメンなどカロリーが高い食事はできるだけ控えてい ...

no image 4

  Almost companies use Google Gmail for business in Japan 「日本ではほとんどの会社がGoogleのGmailをビジネスでも使っている ...

no image 5

    英語を学ぶ近道   それは英語で勉強することです え? 英語で? なに言ってんの? って思うかもしれませんが そうです英語で勉強するのです。 例えば 英語で料理を ...

no image 6

  今日は英語の話です。 まずwill と be going to の使い分けがちゃんとできているか、チェックしてみましょう 問題1 Where are you going? この質問に対す ...

-今日の英語フレーズ

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2019 All Rights Reserved.