栗はマロンではなくチェスナットです

投稿日:2008年8月5日

 

マロングラッセを食べていてふと気づいたのですが、日本には英語じゃないけど英語っぽく認知されているものが多いですね。

マロンはフランス語です。

栗は英語で

chestnut チェスナット

です。

昔に「アルバイト」も英語だと思い、はりきって学校の先生にカフェでアルバイトしていると言ったら

まったく理解されなかった・・・

アルバイトはドイツ語だったんですよね。

あーまぎらわしい

英語では Part time job です。

毎日コツコツです。

 

 

アクセスが多い記事

no image 1

  アダルト英語から、悪口まで実際によく使われる Swear words = 悪い言葉のスラング、イディオムを紹介します。 多少過激な内容や表現が多いので、一般公開はせずに見たい方だけに読ん ...

no image 2

    TOEICに出題される引っかけ問題を見ていて、 これ間違えてる人多いなと思ったので紹介します。 私たちはその問題について話しあった 英語にしてみてください ↓ ↓ ↓ ↓ ...

no image 3

  マクドナルドなどのファーストフードには不健康なイメージがある。 みなさんご存知のとおり僕はヘルシー志向じゃないですか。普段からバーガーやラーメンなどカロリーが高い食事はできるだけ控えてい ...

no image 4

  Almost companies use Google Gmail for business in Japan 「日本ではほとんどの会社がGoogleのGmailをビジネスでも使っている ...

no image 5

    英語を学ぶ近道   それは英語で勉強することです え? 英語で? なに言ってんの? って思うかもしれませんが そうです英語で勉強するのです。 例えば 英語で料理を ...

no image 6

    Will と be going to の使い分けが難しいという質問がきたので、チェックしてみましょう 問題1 Where are you going? この質問に対する正し ...

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2021 All Rights Reserved.