【今日の英語解説】Politically Correctとは何?知らないと差別になるかもしれない英語

投稿日:2014年7月7日

 

 

昔の映画を見ていると

Police man 警察官

Fire man 消防士

という表現が使われていました。

しかし今はどちらの表現も使われなくなった。

なぜか?

それはman がつくのは Politically Incorrect だからだ。

Politically Incorrect 直訳すると 「政治的に正しくない」

 

この場合の政治は「男女差別、平等な社会という観念から正しくない」と理解したほうがいいでしょう。

男女、人種、人権など含めて差別がない公平な社会が基本である、という考え方からPC(Politically Correct)が広がりました。

日本でも「看護婦」が「看護師」に変わりましたね。

 

その代表的な例が

Police man → Police officer

Fire man → Fire fighter

Business man → Business person

Waiter / Waitress → Server

こちらのサイトで昔と今の呼び方の違いをリストにしているので、さらっとチェックしてみましょう。

例えば

chairman → chairperson 議長

fisherman → fisher 漁師

salesman/saleswoman → sales worker or sales associate 販売員・セールス

steward/stewardess → flight attendant フライトアテンダント

secretary → administrative assistant 秘書

weatherman → meteorologist 気象予報士

このように平等な呼称が重要な時代になりましたが、その上をグンと飛び越えたニュースが流れてきました。

 

カナダの教育委員会が 「He/She という表現を使うのはやめて、どちらもXe(ゼ)を使えと主張」

というニュースです。

students-2

 "Vancouver School Board’s genderless pronouns — xe, xem, xyr — not likely to stick, if history is any indication" (英語サイト)

これが採用になると学校の授業では

He likes it

She likes it

どちらも

Xe likes it

となり男女の区別がなくなります。

これにはPTAも困惑しているとのことで、採用になることはなさそうです。

アイデアが斬新すぎて、みんなポカーーンです。

どうしたカナダ!

 

 

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.