今日の日本人が知らない英語 Dead Bolt デッドボルトってなに?

投稿日:2016年10月26日

 

女が男よりも長生きする理由
(This is why women live longer than men)

というタイトルで写真がいくつか紹介されている記事がある。

サイトにある写真を見たら

「マジか!」
「あぶない」
「こりゃたしかに男しかやらないなー うんうん」

となるものばかり。オトコ全員ではなくて「ある特定の無謀な男たち」に限定だが・・・

omg

サイトはこちら

 

写真を見て僕も小学生の時はそこそこ無謀なことをしていたことを思い出した。

マンションの7階にある自分の部屋ベランダから隣の家のベランダに移動したり(意味なく)

10階の屋上から1階まで外壁沿いに設置されている雨水の排水パイプにつかまり命綱なし1階まで降りたり
(意味なく)

台風の後、増水した川の激流に飛び込んでひとりラフティング気分を楽しんだり(意味なくはなさそう)

自転車のハンドルから手を離し猛スピードで直角の曲がり角を曲がろうとして、車にぶつかったこともあった。(当たり屋だ)

2回くらい死んでいても不思議じゃない。自分が親だったら心配でハラハラしすぎてハゲてたことだろう。

無意味にこんな無茶なことをしたのは元々は師匠の影響である。

え?だれが師匠だって?

もちろんチェンさんです。ジャッキーチェン師匠。ジャッキーチェンの映画を子どものころに見すぎて、将来大きくなったらジャッキーチェンになって戦うと本気で信じていた。

親にすごくすごくお願いしてジャッキーの映画はめちゃ古いのから最新まで全部レンタルしてみせてもらった。

小学校で算数の授業中に突然バットを持った怖い男たちがクラスに乱入してきた。

僕は普段から練習していたジャッキーチェンの酔拳の動きで、バットを足の裏でサラリと受け止めそのまま、回し蹴りであっという間に暴漢をやっつけた。

という妄想を授業中に週に2,3回していた。

通学中に前方からバイクに乗った敵がやってきたときは、こうジャンプして、壁の上に乗り、近くにあるほうきを棍棒のように使って戦う

という妄想をしていた。もはや病気。

結局、悪い大人はクラスにはやってこず、勉強にも身も入らず成績が悪くて塾に行かされるハメになった。

中学を卒業する頃にはすっかりジャッキー熱は冷め、現実の世界では街中や授業中にとつぜん敵は現れないことを悟った。

それからは映画の主人公のように戦う妄想はしなくなった・・・今は年に数回だけ。

 

アメリカ、カナダの家にある 死んだボルト Dead bolt ってなに?

 

仕事のミーティングでユタ州ソルトレイクにあるスキーリゾートに行きました。夏に行ったので、雪もなく長野のような澄んだ空気で気持ちの良い気候だった。自然に癒される。

saltlake2

saltlake3

saltlake6

わざわざ都会から離れてこんな山奥でミーティングをやるのは、日常の業務から離れ、新しいアイデアを持ち込み、ディスカッションするためです。

と言いつつ僕は深夜に日本時間に合わせて仕事をし、日中はミーティングでむしろヘロヘロに疲労した。

スキーリゾートなので夏はオフシーズン。冬に泊まるよりも値段が安い。

僕の泊まったコテージはスキー客が家族で一週間など長期で泊まれるような部屋。

saltlake

saltlake5

広すぎるアイランドキッチンも完備されている。ベットが2つに、ソファーベッド2つ

そこにポツーンとひとり僕。1人で広々と使えたのは良いが、広すぎて空間をもてあました。

こうゆうときにアタフタして「こいつ庶民だな」と思われないように優雅にゆったりとした気持ちでいるのが大切だ。誰もみていないが、暖炉の前で縮こまってミルクティーを飲んでいると、部屋にはパティオがあって、リビングのドアから外に出られることに気づいた。

saltlake4

その部屋から出るための扉にデッドボルトがあった。

db2

db

Dead lock と呼ばれることもある。

デッドボルトにはドアノブがついておらず外からは鍵、内側からはつまみを回して閉める。外から鍵でも開けられないタイプも多い。

日本の一般家庭では見かけない。カナダではどの家にもあるので、セキュリティ的に必要なのだろう。通常の鍵だけだとセキュリティに不安があるのだろう。日本は鍵がそもそもしっかりしているのでないのか?

映画で警察官がドアを体当たりで破りあけるシーンがあるが、デッドロックがあると体当たりしても開けにくい。僕が住んでいたボロアパートはドアが薄くてデッドロックがないと簡単に体当たりで開きそうだった。

日本の頑丈なドアに体当たりしたら、ドーンと跳ね返されて肩を痛めることでしょう。

あなたもドアの体当たりするときは気をつけましょう。

本日は以上です。

 

 

 

 

 

bump

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.