Neck and neck ってどんな意味?カナダ人はアメリカ人と間違えられると気分が悪い

投稿日:2016年11月13日

 

アメリカ大統領選挙がありましたね。結果はまさかのトランプ勝利!

僕の周りにはガックリきたアメリカ人がたくさんいました。

「ヒラリーもトランプもどっちも好きじゃない」

「トランプが国の代表なんて恥ずかしい」

という意見もあるが、逆にトランプが良いという人はいない。なのにどうしてトランプが勝利したか?

それは自分がトランプに投票したと周囲に思われたくない人(隠れトランプ派)が多くいたからと推測している(勝手に)

トランプを応援していると公言してしまうと「あなたは差別主義者なのか?」と思われるのでそれなら黙っておこう。
ということだろう。

自分は言いたくないことをトランプが変わりに言ってくれたから賛同する。でも自分が賛同していることは秘密。

投票率の低さもトランプ勝利の一因である。今回の投票率は近年最低の48.62%。オバマさんのときの2008年の投票率は57.1%。

データ元

ヒラリーが敗北して落胆したメッセージがフェイスブック上にたくさん流れていました。
さて、これからどうなることでしょう。

 

Neck and Neckとは?

 

選挙速報を見ていたら画面の下にこんな文字が流れていた

Hillary Clinton and Donald Trump are neck and neck in the key states of Florida, North Carolina and Michigan,

「ヒラリーとトランプは互角!」

ここで使われている Neck and neck 首と首 という表現は「接戦・互角」という意味になります。

 

例文

面接してどちらか二人を選ばなければいけないんだがNeck and Neckで悩んでいる。

I can't decide between two men. Hiroshi and Takeo are neck and neck.
ヒロシとタケヲは同じくらいの男で、どちらかに決められない

 

トランプの勝利が確定してからカナダの移民局のウェブサイトがダウンした⇣⇣

 

ジョークかと思ったがアメリカから脱出してカナダに移民しようと考えている人がいるようです。サイトがダウンしたのと大統領選がたまたま同じタイミングだっただけかもしれないが、アメリカから脱出しようぜ
とSNSに投稿している人はたくさんいます。

カナダ人は海外旅行する際、バッグにカナダのメープルの国旗のバッヂやフラッグをつけていることがある。英語を話し白人ならアメリカ人と思われることがあるのであえてカナダ人であることをアピールしたいとカナディアンの友達が言っていた。
例えば日本人が中国人と間違われるのと同じ感覚だろうか。

Image from LIFE IN A SACK

 

さて、イギリスで働いているアレックスさんがフェイスブック上でこんな宣言をしていた

11月は毎日10キロ走って30日で300キロを目指す!
Run 10km a day for the whole of November. Total distance 300km

これを始めた理由はチャリティだ。それだけだ。
僕が走ることに得に意味はないが、それに賛同してくれた人が少しでも寄付をしてくれたら嬉しい。
集まったお金はwater.org という発展途上国で不足している地域に飲み水を提供する団体に寄付される。
(寄付はgofundme.comというサイトで募集しているので彼には1円も入らない)

純粋になにかの訳に立てたらいい。Good causeのための活動だ。

Good cause → 社会的に意義のあること。特に慈善活動を指す

アメリカには寄付の文化が根付いているので、こうやって誰かがチャリティ運動を始めると迷わずに寄付をする人が多い。

僕もほんとにたまに寄付をすることがあるが、どちらかというと人に頼まれて寄付をするが自分から率先して寄付をしたり、ましてや自分が寄付を募る側になったことはない。

お金がもったいないというよりも、寄付したお金がどこに使われるのか懐疑的だったからだ。

お金に余裕があっても、寄付はしないかもしれない。怪しんだり偽善的な気持ちになってしまうから。
それなら僕も毎日10キロ走って寄付を募る側になろうか?と思ったが2秒で
いやいやムリムリ!

とアレックスさんのこのFundraiser(募金活動)に寄付をした。わずか20ドルだけだがこのお金で飲み水に困っている人に届くことを想像した。

アレックスさんのメールの最後にこんな一文があった。

Remember....not all heroes wear capes.
ヒーローはみなマントを身に着けているわけじゃない

深読みすると「誰でも小さいことで人の訳に立つことができる」になるでしょう。

すごくいい表現なので何回もうんうんと納得してしまった。僕もこんなことを言える大人になりたい。

 

アクセスが多い記事

no image 1

  アダルト英語から、悪口まで実際によく使われる Swear words = 悪い言葉のスラング、イディオムを紹介します。 多少過激な内容や表現が多いので、一般公開はせずに見たい方だけに読ん ...

no image 2

    TOEICに出題される引っかけ問題を見ていて、 これ間違えてる人多いなと思ったので紹介します。 私たちはその問題について話しあった 英語にしてみてください ↓ ↓ ↓ ↓ ...

no image 3

  マクドナルドなどのファーストフードには不健康なイメージがある。 みなさんご存知のとおり僕はヘルシー志向じゃないですか。普段からバーガーやラーメンなどカロリーが高い食事はできるだけ控えてい ...

no image 4

  Almost companies use Google Gmail for business in Japan 「日本ではほとんどの会社がGoogleのGmailをビジネスでも使っている ...

no image 5

    英語を学ぶ近道   それは英語で勉強することです え? 英語で? なに言ってんの? って思うかもしれませんが そうです英語で勉強するのです。 例えば 英語で料理を ...

no image 6

  今日は英語の話です。 まずwill と be going to の使い分けがちゃんとできているか、チェックしてみましょう 問題1 Where are you going? この質問に対す ...

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2019 All Rights Reserved.