ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語

英語力ゼロでも移民になれた。留学・ワーホリの始め方教えます。TOEIC満点の方法も!

1つなのに複数形になる英語とは?

 

誕生日プレゼントのサングラスを買いに行ったとき、店員さんに「Can I see this one」
「これ見せてくれる?」と言いながら指さして見せてもらおうとしたら、店員さんが「These ones?」
「これね?」These onesと言ったのです。

サングラスは1つなのにthese?

不思議に思いませんか?

他にもピアスや靴など2つがペアになって売っている物ありますよね。

これも英語だと1つなのに複数形になります。

英語の名詞は終わりにSが付くことで複数を表しますがいくつか例外があります。

パンツpantsは pant に s が付いて複数を意味します。

しかし、Pantsは足を通すところが2つないと完成しないので、PantsとSがついて複数形だけど1つとして数えるのです。

a pants ではなくa pair of pants です。
a pair of はつねに複数形名詞を使用し1対のものを表します。

同じ考え方があてはまるのが
scissors
glasses
sunglasses
jeans
stockings
shoes

など2つがペアじゃないと完成しないもの

メガネは1つだけどパーツが2つあるので、glassesと複数形になります。

Can I have a pant? と片足の分のパンツを買おうとしても売ってないですからね。
■I want a new pair of shoes 新しい靴が欲しい

■I love those shoes あの靴すごくイイネ

■Can I see these glasses? このメガネ見せてください

 

Can I see these ones?
Can I see this one?
これ見せてください

どちらも同じ意味だけど、この違いが分かってる人は「おっ英語知ってるね」と思われるかもしれません

 

 

 

合わせて読まれている記事

TOEICに出題される引っかけ問題

ほとんどの日本人が知らない Haveの正しい発音の仕方

【海外旅行・ワーホリの英語】レストランでよく使われる英語フレーズ30個

英語を学ぶ近道 → 英語で英語を学ぶこととは?

詰め込み勉強は不要!ゼロから始めるカナダ式英語の勉強方法