ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語

英語力ゼロでも移民になれた。留学・ワーホリの始め方教えます。TOEIC満点の方法も!





ドラッグが身近すぎて怖い海外生活。麻薬吸入器が自動販売機で合法に購入可能に!

 

今日はニュースを2つ紹介

こちらのサイトにあったこのニュース

ワーホリを「使い捨て」に 〜ワーホリ業界の裏話〜

 

「ツアーコンダクター募集、優秀な方はビジネスビザ取得をサポート」 とビザを出してほしい人を集め、 3ヶ月間のトレーニングという仮採用期間を設定し、この期間は無給という条件で 添乗員の業務をさせる会社があるようです。

しかし!

仕事がハードすぎて3ヶ月もたない人が続出。

働いても給料なし

早朝から夜中まで勤務でヘロヘロ

3ヶ月以内に退職

ビザもでない

会社側はコストゼロでラッキー

ということらしい。

もしこれをあえて狙っているとしたら、かなり悪質。

無給インターンシップというのは以前からある働き方ですが、ビザを出すという前提の場合は気をつけてください。

 

そして2つめはこれ

ドラッグが身近すぎて怖い海外生活。麻薬吸入器が自動販売機で合法に購入可能に!
 

You Can Get Crack Pipes For 25 Cents in Vancouver Vending Machines

バンクーバーにある自動販売機でクラックの吸入パイプが25セントで購入できる。

というニュース

Crack クラック → コカインのこと

 

crack ドラッグが身近すぎて怖い海外生活。麻薬吸入器が自動販売機で合法に購入可能に!
この販売機はどこにでもあるのではなくて、バンクーバーにある Safe injection sites(ドラッグ依存者支援センター)に設置されています。

Safe injection sites → 直訳すると 「安心ドラッグ使用所」!!

ここは簡単に言うと「ドラッグをどうぞ使用してください」という場所で、注射針などを無料で提供しています。

 

この販売機が設置された理由は、人の使ったパイプ、落ちてるパイプ、割れたパイプなどの使い回しが原因でエイズやC型肝炎に感染する人が多いからです。

ニュース元

C型肝炎 → Hepatitis C

自動販売機 → Vending Machines

販売機の設置についていろんな問題はあるが、今のところ問題よりも解決していることのほうが多いとの見解。


 

ということで今日の日本には聞こえてこないニュースでした。