金はドカンと稼いでドバーッと使うのが成功者の証し。ウォールストリートのビジネスマンの話

投稿日:2014年2月22日

 

今日の映画で学ぶ英語はこれ

toku_wolf_pos

公式サイト → http://www.wolfofwallstreet.jp/
NC-17です。

NC-17というのは、No Children 17 and Under Admittedの略で、17歳以下の子どもはみちゃダメ。

日本のR18と同じことです。

ってことでこの映画18禁。子供は見ないで。


あらすじは
ウォール街で投資の会社を始め、のしあがったが最終的には逮捕されてしまう実在の人物の話。

アメリカンドリームといえば聞こえがいいが、お金を稼ぐことに貪欲な男のぶっとんだお話。
投資会社を始めたのは26歳のころ。
若い!

そしておちぶれたのが36歳の時
早い!

いろんな意味でウォールストリートの伝説になった。

似たような映画でウォールストリートという映画があるが、それとは扱っている株式投資が同じだけで、内容はぜんぜん違う。
人を騙すという共通点はあるが。


こちらが正統派とするとディカプリオのほうはハチャメチャ。

とにかく金使いが荒い
言葉使いがヒドイ
ドラックやりすぎ
お酒飲み過ぎ
エロすぎてモザイクかかる。
そして人生が上がったり下がったりハチャメチャ

「フxxクユー」が連続で使われていて、これでよく上映できたものだ。

映画の中で「fxxk」が506回も使われている。非ドキュメンタリー作品としては史上最多だそう。

この回数を数えたひと偉い!

wikiより

お金に振り回される人生もあれだけ、楽しめたら悪くないって思わせ・・・なかった。
激しすぎ。

圧倒されるストーリーだったが、映画としてのエンターテイメント性は高い。上映時間が3時間とちょっと長いが80点。子供には見せられないのは間違いない。

 

ウォール街のスラング英語

 

映画の中で出てきたfuckingの使い方を1つ紹介。

I fuckin' love you, Jordan. I fuckin' love you.
愛してるジョーダン。大好きよ

このセリフのfuckin'は fuckingの略。
最後のgしか省略されていないが、会話では最後のgがほとんど発音されないため、文字にしたときにそれを表す意味でfuckin' という表記が使われています。意味はほとんどなく強調するために使われている。

日本語でいうところの「今日はクソ寒い」の「クソ」と同じように強調する意味のfuckin'です。

It's cold today → 今日は寒い

It's fuckin' cold today → 今日はクソ寒い

という違いです。

 

もう1つ映画で使われていたスラングを紹介。

Douchebag(ドゥーシュバッグ)

意味
ウザい奴、バカな奴

He is such a douchebag
あいつは 思い上がったバカ野郎だ。

jerkassholeよりもさらに上の強さの表現です。

元々の意味は「女性の下半身の洗浄器」。理由はわからないがそれを悪口に使うようになりました。
英語での説明はこちら>>

ということでDouchebagは強い言葉なので、使うのはやめておきましょう。

でもこれらの意味を知っていれば映画をみにいったときに、「それ知ってる」とひっそりとあなたの自尊心高くなるかもしれない。

 

ではまたー

 

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.