カナダで大学に行って学んだこと。それはカナダにもオタクがたくさんいること

投稿日:2006年12月31日

 

カナダに来るまでカナダ人ってどんなんだろう。

みんな映画にでてくるように華やかなんだろうと18歳の自分は想像していた。

でも大学に入りコンピュータのクラスを専攻してみるとまわりは挙動不審なカナダ人学生ばかり。

クラスの8割が男子で数少ない女子もジャージ姿だったりと初日から活気のないクラス風景。

基本的にみんななにかを読んでいるので、クラスは静かである。あまり目を合わせてくれない。

あらら、間違えたクラスを選択してしまったかと違和感を感じつつも、1ヶ月もすると実はかなり優秀な人ばかりだったと知りました。

カナダはネット普及率も高く、たくさんのゲームやソフトウェア開発の会社がある。だからIT専攻で卒業したら就職も他の業種よりもしやすい。

コンピュータやゲームの話をすると急にテンション上がったりするクラスメートは自分が想像してたカナダ人とは全然違っていた。恥ずかしいのか自己主張があまりないためクラスは静かなものだった。

 

はっ!

そのクラスの一員だった自分も同類じゃ!?

 

 

オタクは英語で

Geek

ダサ男、勉強ばかりしてる奴

 

マーケティングやビジネス系のクラスにはおしゃれなカナダ人が多くいることが後から判明しましたが

どうにもならないので、無口にコツコツと勉学に励みました。

そして挙動不審力を身につけました。

 

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.