「あなたの話はちゃんときいていますよ」を英語で表現するには Lean in という表現がおすすめ

投稿日:2012年12月25日

カナダ 飛行機

 

毎年年末になると

「あー今年も終わりか―」

「あっという間だったなあ」

「来年こそは、新しいことはじめるぞっ!」

ってことを思ったりしませんか?

年始に書き出した目標がどれくらい達成されているか?自分のリストをチェックしてみたら、思ったよりも達成されていて、おお って思ったんですが

実は年始に決めたやることよりも、途中から思いついて、始めたりすることのほうが圧倒的に多いです。

来年も同じように、でももっとスピードを上げてやるようにしよう。

 

カナダ人のライフコーチの先生に教えてもらったことがある。

「この仕事つまらないなあ、もっといい仕事が自分にはあるんじゃないか?」

と思ったことないだろうか?

この思考になったときは、自分がなにをやりたいのかハッキリしていない時が多い。

つまらない仕事というのは存在しなくて、つまらないと決めているのは自分だから。どんなことでも、楽しくやろうとする人もいるし、

「あーだるい、こんなの時給に割があわないよ」

と嘆く人もいる。

どっちが正しいとかではなくて、そう思う思考があるだけ。

いつかなにか起きて一夜にして自分の生活が、一転しお金持ちになり

働かなくてもいい生活が送れるんじゃ?

みたいな夢をぼんやりと想像する

しかし

そんなことは絶対に起きなくて、自分が行動しない限り何も変わらないのが人生。他人は何かをしてくれないので、自分でやるしかない。

ちゃんと目的を持って行動しないと10年後も、目指していたのとは違う暮らしをしているのかもしれない

とそんなことを、退屈なミーティングに参加したときにポワーンと考えていた。

 

いや
話は聞こうとしているのだが耳に入ってこない

もちろん聞こうと努力はする

lean in → 前のめりになって

「私はあなたの話を聞いているよ」をアピールしてみる

 

Lean in の例

In a meeting, I leaned in to speakers to indicate I'm interested in what they are talking about.

ミーティング中は、人の話を聞いているというのをアピールするために、前のめりになった

ってことで前置きが長かったですが

lean in

使ってみてください。

 

 

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.