【OTEってなに?】今日外資系企業のリクルーターから来たメール

投稿日:2018年9月15日

 

「ちょっとお時間ありますか?」

会社の代表番号に名指しで電話がかかってきた。

以前も紹介したが、こうゆう電話はリクルーター(転職紹介会社)からの可能性が高い。

リクルーターのほとんどが電話口で英語を話す。取り次いで僕が電話にでると日本人だったりすることも多くある。

英語で電話をすると、リクルーターということをうまくカモフラージュして、電話を応対した人のチェックをすり抜けている。

IT業界には外資系のリクルーターがたくさんいる。日本語を話さないのに日本で仕事ができるほど日本にいる外国人、または英語ができる日本人マーケットがそこそこ大きいということだ。

エグゼクティブの転職者はこの時代、当たり前のように英語を話すので、(むしろ英語ができないとそこそこ高いポジションを求める転職マーケットでは評価が下がることが多い)リクルーターには都合が良いのだろう。

リクルーターは毎日たくさんのCold callをしているのでメンタルが強い。かつ相手の気分を高ぶらせるキラーワードを持っている。

Cold call → 勧誘電話、テレアポ

使用例

I hate cold calling かかってくる営業電話が嫌いだ

Your first cold call is hard 初めてする営業電話は難しい

 

 

リクルーター
「ヘッドハンティングです。ある企業があなたを必要としています」

といきなりぶっこんでくる。

これで、転職を考えていない人も「ちょっと話だけでも聞いてみるかな」となる。

こういう電話が毎月2件はあるので慣れてしまったが、初めてリクルーターからヘッドハンティングというキラーワードで、うっかり転職してしまった経験がある。見事にやられた。結果的には転職はよい判断だったが・・・

今日もリクルーターから電話がかかってきたが、ミーティング中だったのでスルーしたら後ほどメールが届いていた。

メールには「連絡をください」という内容と

Salary plus OTE 9mと書いてあった。

OTE → on target earnings

日本語にすると「目標達成ボーナス」

この場合、年収はボーナス込みで900万円ということ。mはミリオン(100万)。

Base 7m + OTE 2m

と分けて表記する場合もある。

基本給700万円+達成ボーナス200万円

ボーナスはcommission やそのままbonus が使われます。

英語で電話がかかってきて、コソコソ話している社員がいたら、リクルーターからかもしれないので、めちゃめちゃ耳をすまして何を話しているかきいてみましょう。

僕がコソコソ話しているのはバレバレだ。

 

ではまたー

 

 

 

アクセスが多い記事

no image 1

  アダルト英語から、悪口まで実際によく使われる Swear words = 悪い言葉のスラング、イディオムを紹介します。 多少過激な内容や表現が多いので、一般公開はせずに見たい方だけに読ん ...

no image 2

    TOEICに出題される引っかけ問題を見ていて、 これ間違えてる人多いなと思ったので紹介します。 私たちはその問題について話しあった 英語にしてみてください ↓ ↓ ↓ ↓ ...

no image 3

  マクドナルドなどのファーストフードには不健康なイメージがある。 みなさんご存知のとおり僕はヘルシー志向じゃないですか。普段からバーガーやラーメンなどカロリーが高い食事はできるだけ控えてい ...

no image 4

  Almost companies use Google Gmail for business in Japan 「日本ではほとんどの会社がGoogleのGmailをビジネスでも使っている ...

no image 5

    英語を学ぶ近道   それは英語で勉強することです え? 英語で? なに言ってんの? って思うかもしれませんが そうです英語で勉強するのです。 例えば 英語で料理を ...

no image 6

  今日は英語の話です。 まずwill と be going to の使い分けがちゃんとできているか、チェックしてみましょう 問題1 Where are you going? この質問に対す ...

-今日の使える英語フレーズ

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.