【これまずいね】を英語で。アメリカ人が食べるArtichokeって何?

投稿日:2017年12月13日

 

「人生で今がいちばん若い」

という一文をどこかの本で読んでグッときた。それから何年もこのフレーズが頭の片隅に記憶されている。

なにかを始めるのに遅いことはない。始めるなら来週でもなく、明日でもなく今だ。
そんな意味だったと思う。

「もう歳だから無理」

「記憶力無くなってきたからもう英語は諦めたよ」

「今から起業、転職するなんて無謀でしょ」

そう言う人がいますが

「やらずに決めつけてはもったいない。人生で今がいちばん若いんだから」

と人の言葉をまるで自分の言葉のように、後輩にドヤ顔で言っている。そしてウザがれる。

それはおいといて、新しいことを試すのはいつだっていいことだ。固定観念でどんどん頭が固くなっていくので、つねに新しいことを受け入れられるように柔軟な考え方を持っていたい。

そこで今まで避けていたArtichokeにトライしてみよう!

と思い立ちLAのレストランで注文してみた。アーティチョークはこんな野菜。写真撮り忘れたのでYouTubeから拾ってきました。

(ソース https://www.youtube.com/watch?v=6B2X8yJ1dXA

ひとめ見て

「固くて苦そう」

色、形、香りに美味しそうな要素がない。でも多くのレストランではメニューにあるし、スーパーでもブロッコリーのとなりくらいに鎮座している。

今回行ったレストランには「アーティチョークのグリル」としてメニューにあった。

Artichoke $9.95 Served with drawn butter and aioli mayonnaise

1000円くらい。安いのか高いのか微妙な値段。

このアーチョーさん(アーティチョークのことを僕がそう呼ぶと今きめた)を初めて見かけてから10年以上経過していた。自分には関係ないとずっとスルーしていた。

食べたときに写真を撮るのを忘れてしまったので、食べ方の動画をもはりつけておきます。

子どもが可愛いのでこの動画をチョイスしてみたが、食べ方の参考になるかどうか・・・

皮を一枚づつめくり、下部についている身を歯でこそげながら食べる。味はほとんどないのでバターやトマトソースなどお好みで。

無心で皮をめくって食べ続けると、中心の下部になにか白いものが現れる。

一緒に食べたローレンさんによると、ここの部分がお宝なのだそう。その中でもいちばん底の部分がふわふわ柔らかくてクリーミー。

あれー食べてみるとおいしい!知らなかった。「固定観念で決めつけていると、気づかないでしょ。」と自分自身に言う。

センターの部分はハートと呼ばれ、周囲の茎はこれを食べるための準備運動なのである。10年以上食べていなかったアーチョーさん。今から10年分を取り戻そうと、スーパーで購入し、自分で調理してみた。

「これで毎日むしゃむしゃ食べてやるぜーー」

と張り切って調理してみました。蒸すだけで簡単。適当なところで葉一枚つまんで味見してみると

・・・・

・・・・

・・・・

苦い

えぐみがすごい!!

 

どうやらゆで時間がぜんぜん足りなかったようです。アーチョーの攻略にはまだまだ時間と経験が必要です。

 

 

これはまずい を英語で

 

この栗ようかんはまずい
This Kuri Youkan tastes bad

 

これはひどい味だ
This tastes awful

 

変わった味だ
It tastes funny

 

これはまずいと言うと直球すぎる場合は、「なるほど」「興味深い味だ」というニュアンスで

This is interesting

を使うのもおすすめです。

 

 

小学生のときの初恋の人に、大人になって会うとガッカリすることが多いという説は正しいのか?

記憶の中で美化されているのでだいたい正しい。想いでは記憶の中にとっておきましょう。

ではまたー

 

-カナダ生活

Copyright© ワーホリ・留学生が今日カナダで話した英語 , 2018 All Rights Reserved.